忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 21
24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/21 Suda]
[02/05 タナカマサノリ]
[02/04 Suda]
[08/02 タナカマサノリ]
[07/29 のん]
最新TB
プロフィール
HN:
タナカ
性別:
男性
職業:
原型師
趣味:
マンガ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
ドールアイの大きさ6mmでした。

明美ほむらの取説には5mmとなっていますが6mmです。



イベント前ですがよろしくお願いします。
PR
何やかやで完成です。



イルミネーションLEDを使うとこのように!



透明パーツは盾関係と手のソウルジムです。

 

1/6で15000円です。
今回も自作ドールアイにしますが、オビツの6mmも入れれるようにしました。

まず最初に脱脂した状態でガンダムマーカーの細いペン先で青く塗る。次のけがきをやりやすくする為プライマーはまだ吹かない。同じペンでも細いほうが色が薄いから。乾いたらデザインナイフで中心から軽くこするようにけがく。適当です。


メタルプライマーを吹く。マスキングしてクリアーパープルを適当に調色して吹く。クリアーでコーティング。ガンダムマーカーのリアルタッチグレイ1でふちを丸く書いて真ん中に瞳孔を書き込む。瞳のシャドー(薄いクリアブルー)を眼球の上方に吹く。


クリアーで2回はコーティングします。この後の紫外線硬化ジェルがよく気泡や剥離があるので何回でもやり直せるようにクリアーでしっかりコーティングするのです。ジェルで瞳を盛ったらとどめのクリアーで完成。

顔に突っ込んでホットボンドで固定して出来上がり。
盾の塗装です。

ほむらちゃんの盾には砂時計があしらわれているのでそれをやってみる。

クリアーパーツで抜いているので裏から砂の部分を蛍光色でなんとなく塗って砂以外の空間部分を黒でなんとなく塗る。塗り分けはタイチーマークに。真ん中に向かう砂の筋みたいなのがあるのでそこも蛍光色で適当に塗る。全部裏から筆塗り。表のセンターの機械は光のエフェクトパーツを瞬着でつけるのでキャスト地のまま。瞬着をパーツの間に流し込むといい感じですける。


表から見たところ。球状の部分が砂時計になってます。アニメの完全再現は無理だが角度によって赤や黒に変化するので面白い。


表から砂の部分をマスキングして塗装。シルバーで少しでも光を反射したいので下地に黒を塗らずに銀をしっかり塗りました。この角度だと砂時計部は暗く見える。
 

この角度だと赤い砂が見えるという言い分。アニメのようにはいかなかったが面白かったのでコレで良しとする。透明パーツは時間系魔法のエフェクトで瞬着でくっつけてうまい具合に真ん中が透けてくれた。
新作の塗装に入る前に下準備。

今回もLEDを仕込みます。その穴あけとかの加工。

最初にダボに合わせておいて鉛筆でなぞる。キャストの合が悪いときはドライヤーで温めて手で押し付けるとなじみます。

穴を開ける所を書いて掘りまくる。手首側からもドリルで掘る。この後結構掘りました。

チップ型の白色LED(3mm)を設置してシアノンパテで隙間を埋める。


胴体に電池ボックスを原型段階で作りました。100均でボタン電池の入った電飾系のものを買ってきてバラし使える部分を移植します。

ドリルで左腕の両方から穴をあけ(塗装前にやっておく)真鍮線のかぎ針を自作して何とか左手に配線を通します。

塗装前に歯医者さんみたいに左手首にLEDを仕込めるように掘ります。塗装後、左手の盾にLEDを仕込みます。上が5mmの円筒型で下が3mmの砲弾型です。1つでも良いのですがせっかく買ってきたので入れてみました。

ソウルジェムは白色で盾はイルミネーションのLEDを使っています。
 
忍者ブログ [PR]