忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 21
24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/21 Suda]
[02/05 タナカマサノリ]
[02/04 Suda]
[08/02 タナカマサノリ]
[07/29 のん]
最新TB
プロフィール
HN:
タナカ
性別:
男性
職業:
原型師
趣味:
マンガ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
残りの右半身。
ebaa8708.jpeg左半身とは逆に上の2個のLEDと下の3個のLEDをグループにしてそれぞれの抵抗線とマイナス線をハンダ付けする。

画像だと先走って右手の配線を付けてますが、最初に上のLEDと下のLEDを繋げる長さの平行線を3本用意する。

3本を「N字」の形にハンダ付する。片方が右足へのジョイントに、もう片方が右手のジョイントになる。それぞれに対応するオスメスピンをハンダ付けする。

4d6b5ed4.jpeg「N字」の中の2箇所をLED線の連結部にハンダ付けする。

解りづらいときはプラスを抵抗線、マイナスをマイナス線に繋げば大丈夫なはず。

②が右足にジョイントする線、①が上下のLEDをつなぐ線、③が右手にジョイントする線。これで終了~

0287760a.jpeg左半身の首への線を首に通してオスピンをハンダ付けする。

頭の配線を顔パーツの首を通してメスピンをハンダ付けする。

頭部のパーツを組み立ててください。



fb245656.jpeg右半身と左半身を連結する。
頭で考えても解らなくなるので、右半身上部のLED連結部の抵抗と左半身上部の抵抗、同じく右半身上部のマイナスと左半身上部のマイナスを1本の平行線でハンダ付けすればよいのです。

左右の体にイエローのクリアパーツを瞬着で取り付ける。
ここに付けないとうまく組み立てられない。
オシリのパーツを右半身に瞬着で取り付ける。

0beb99f1.jpeg上半身を組み立てる。
肩の取り付け口のピンを差し込むとかなり安定するはず。
点灯テスト。一応、足を繋げてみて全部つけばOK。

問題なければ瞬着に新しいノズルをつけてイエローのクリアパーツを固定する。

これで一応配線完了。次は台座。
 
PR
今回は左半身。一番面倒なトコ。

d6c34960.jpeg設置してあるLEDを下の2つと上の3つを一グループとする。

下2つのLEDの抵抗線(+)2つを1つにまとめる。
同様にマイナス線(青)2つをまとめる。

上3つのLEDの抵抗線3つを1つにまとめ、マイナス線(青)3本も1つにまとめる。
まとまった線をそれぞれハンダ付けする。

a0f69826.jpeg2本の平行線のプラスとマイナス同士をハンダ付けし片方の端にオスピンをハンダ付けする。

オスピンは左手にいくコンセントになる。
もう一方は頭に行く線になる。ピンは首を通してから付けるので後回し。

線の長さは7,8cmくらいあればいいかと思う。

53ff12ed.jpeg上3個のLEDの抵抗線の連結部に頭と左手のプラス線をハンダ付けする。

同様にLEDのマイナス線(青)と頭と左手のマイナス線(黒)をハンダ付けする。

頭に向かう線を首に通しておく。



ea39ca5b.jpeg下のLEDと上のLEDをつなぐ線と右足に繋げるオスピンの線を作る。

2本の平行線のプラスとマイナスそれぞれをハンダ付けする。

右足に繋げる線の端にオスピンをハンダ付けする。



261a020b.jpeg作った線のハンダ付けしたプラスを下2個のLEDの抵抗線に、マイナス線(黒)をLEDのマイナス線(青)にハンダ付けする。

オスピンは足の方に向かわせ、もう1つの線を上3つのLEDの抵抗線とマイナス線にハンダ付けする。



644175eb.jpeg最後に右半身と接続する平行線を上3つのLEDの抵抗線とマイナス線の連結部にハンダ付けする。

①が上下のLEDを結ぶ線、②が右半身に行く線、③が左足に行く線。

②に電源をつないでみてテスト。

点灯。

終了~
 
トレフェス神戸3に参加されたみなさんお疲れさまでした。私は元気です。

今回面白半分にやってみた瞳パーツ交換の段取りが自分的にかなりダメダメだったので次の有明までにはもっとちゃんとしようと思った私でした。

というわけで次の参加イベントはトレフェス有明になります。
19d91aea.jpeg瞳の塗装こんな感じ。

凹面に塗装して紫外線硬化ジェルをもって、UVケヤクリアーでコーティング。

紫外線硬化ジェルは衝撃にあまり強くないそうなのでラッカーで最後にコーティングしました。

白いハイライトは入れてません。

配布ですが、アスカのキットを購入されたご希望のかた6名にキットの未塗装の瞳パーツと交換で差し上げます。

ご希望の方は購入後お声をお掛けください。ハサミをお貸ししますので商品の中の一番小さなホワイトキャストが入っている袋から瞳パーツを取り出してください。塗装済みのパーツと交換させていただきます。

それでは当日「Aイ19」で!
今回は腕と頭の配線。

c43e5ef1.jpeg 肩のLEDのプラス線に同じく肩の並列抵抗にハンダ付け。

 プラスの電線を5cmぐらいを2本、端をむいてハンダ付けする。
 それを肩の抵抗のLED側じゃないほうにハンダ付けします。

 手首からのマイナス線を肩のLEDより少し長いくらいで切って、それに5cmぐらいのマイナス線をハンダ付けして、それを肩のLEDのマイナス線にハンダ付けする。

結果として何もついてない+と-の線が1つ出来るはず。それがボディに向かう線です。

505d1b33.jpeg 手首のクリアーパーツの細工。横から見てセンターの表面に出る部分に達しないように1mmのピン穴を開けてアルミ線を瞬着で固定する。

腕の内側をはめて固定し手首のクリアーパーツ、手という順に組み立てる。

肩の穴から線を出し、右手と左手それぞれにオス、メスのピンヘッダをハンダ付けする。
発光テストをしてみる。画像では意味もなく右手と左手を接続してそこに電源を接続している。

ba09bfa3.jpeg 頭の配線。頭の中にあるプラス線を1箇所にまとめてハンダ付け。

 マイナス線も同様にまとめてハンダ付け。

 そこに+-の線をハンダ付け。5,6cmもあれば十分。

 このあと頭をくっつけて首に開けた穴に線を通しピンヘッダをハンダ付けする。


あとはボディだけです。
忍者ブログ [PR]