忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/21 Suda]
[02/05 タナカマサノリ]
[02/04 Suda]
[08/02 タナカマサノリ]
[07/29 のん]
最新TB
プロフィール
HN:
タナカ
性別:
男性
職業:
原型師
趣味:
マンガ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58]
腕のLEDの仕込みッス。

今回は肩のクリアーパーツ2個に対して1つのLEDを仕込んで節約します。穴が近いのでちゃんと光ります。

dd4e23da.jpeg腕に使うLEDの光を手首で弱く、肩で強くしたいので、抵抗値を手首で2倍、肩で二分の一にします。

抵抗値を2倍(光を弱く)にするには画像の上のように直列につなぎ、二分の一(光を強く)にするには画像の下のように並列にします。

画像のように直列、並列の抵抗をハンダ付けして2個づつ作ってください。


fb07fbbc.jpeg今回は被膜つきの線でいきます。一応、用心のために頑丈な作り方をしてますがエナメル線を使いたい方はそっちでOK。

赤い方をプラス、黒い方をマイナスにしてLEDにつなげます。混乱するので色分けはやっといた方が良いです。

抵抗はあとで付けます。全部で4つ作ります。


a37f996a.jpeg手首にLEDが入るように穴を調整します。

LEDには足の時のようにプラパイプで固定せず電極をアルテコでコーティングしておきましょう

電線を通す穴はLEDの抜け防止に一回り小さくします。

画像のようにツライチになるように仕込みます。特に接着はしませんでした。


46310abe.jpeg画像の右から手首のLEDの電線をはわせます。

腕のひじあたりに直列の抵抗を設置するのでLEDのプラス線にハンダ付けして肩の方にプラス線を送ります。





061289f8.jpegLEDに足のとき同様プラパイプをホットボンドで固定します。

肩のLEDを発光させて位置を決めます。抵抗を仮付けしてやってください。

2つのクリアパーツの真中になるように設置するため肩の内側から肩の上方向に1mmの穴をあけます。

アルミ線で固定する際、並列の抵抗を画像のように通して設置します。


061c6c3d.jpeg瞬着で肩のLEDを仮止めしてアルテコでLEDの電極ごと固定します。

手首のLEDは、電線を抵抗のところで固定するぐらいでOKです。私はホットボンドで軽く固定しました。

腕もアルテコの硬化を待つため配線は後に回します。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]